結婚式での着物レンタル、どれを選ぶべき?知っておくべきポイントと注意点
結婚式での着物レンタルに関する重要な情報を網羅しました!種類、料金、親族やお呼ばれの際のおすすめ着物、知っておくべきポイントなどを解説します。

結婚式での着物レンタル、どれを選ぶべき?知っておくべきポイントと注意点

佐藤美穂

編集部
佐藤

 
結婚式での着物レンタルに関する重要な情報を網羅しました!種類、料金、親族やお呼ばれの際のおすすめ着物、知っておくべきポイントなどを解説します。

結婚式での着物レンタルの基本情報

結婚式での着物レンタルの基本情報

 

着物レンタルのメリット

結婚式で着物をレンタルすることには多くのメリットがあります。まず、多様なデザインやスタイルから選ぶことができるため、自分に最適な一着を見つけることができます。また、購入する場合に比べて費用が抑えられることが多く、特に一度きりのイベントには最適です。さらに、着物の保管やクリーニングの手間が省けるため、忙しい方や着物の扱いに慣れていない方にも安心です。

 

着物の種類と特徴

結婚式で人気のある着物には、以下のような種類があります。

  • 振袖:未婚女性が着る豪華な着物で、袖が長いのが特徴です。華やかなデザインが多く、結婚式では新婦の友人や親族に人気です。
  • 訪問着:既婚・未婚を問わず着られる着物で、フォーマルな場に適しています。比較的シンプルなデザインが多く、品のある印象を与えます。
  • 色留袖:既婚女性が着る格式高い着物で、黒以外の色のものを指します。模様が裾にだけあり、上品な雰囲気が特徴です。
  • 黒留袖:既婚女性が着る最もフォーマルな着物で、黒地に裾だけ模様があるものです。親族として結婚式に参加する際に最適です。

着物レンタルの料金と相場

着物レンタルの料金と相場

 

基本料金と追加料金

着物レンタルの基本料金には、着物一式のレンタル費用が含まれますが、これに加えて以下のような追加料金が発生することがあります。

  • 着付け代:着付けをプロに依頼する場合、その費用が加算されます。相場は5,000円〜15,000円程度です。
  • 帯や小物類:帯や襦袢、帯締めなどの小物もレンタルする場合、追加費用がかかります。
  • クリーニング代:使用後のクリーニング費用が別途請求される場合があります。
  • 配送代:遠方からレンタルする場合、配送費がかかることもあります。

 

【関連記事】着物レンタルの料金相場を完全ガイド!観光や結婚式で賢く選ぶ方法とは?

 

お得にレンタルする方法

お得に着物をレンタルするためのポイントは以下の通りです。

  • 早期予約:早めに予約することで割引を受けられることが多いです。
  • キャンペーンを利用する:シーズンごとのキャンペーンを利用すると、通常よりもお得にレンタルできます。
  • パッケージプランを選ぶ:着付けや小物類が含まれたパッケージプランを選ぶと、個別に揃えるよりも安く済むことがあります。
  • 比較サイトを活用する:複数のレンタルショップを比較して、最もお得なプランを見つけることができます。

親族やお呼ばれでおすすめの着物

親族やお呼ばれでおすすめの着物

 

親族向けの着物

親族として結婚式に参加する際には、格式を重んじた着物を選ぶことが重要です。

  • 母親や祖母:黒留袖が一般的です。黒地に華やかな模様が入っており、格式高い印象を与えます。
  • 姉妹や親戚の女性:色留袖や訪問着が適しています。色留袖は華やかさと格式を兼ね備えた選択肢であり、訪問着はシンプルで上品なスタイルが好まれます。

 

お呼ばれゲスト向けの着物

友人や知人の結婚式に招待された場合には、華やかさとマナーを両立させた着物を選ぶことが大切です。

  • 振袖:未婚女性の友人として参加する場合、振袖が華やかでおすすめです。カラフルなデザインが多く、結婚式を彩る一役を担います。
  • 訪問着:既婚女性や年齢を重ねた女性には、訪問着が適しています。シンプルながらもエレガントな印象を与えます。

知っておくべきポイントと注意点

知っておくべきポイントと注意点

 

レンタル前の試着

着物をレンタルする前に試着を行うことは非常に重要です。試着時に確認すべきポイントは以下の通りです。

  • サイズ感:自分の体型に合ったサイズを確認し、動きやすさや着心地をチェックします。
  • デザイン:実際に着てみて、鏡で全体のバランスや色合いを確認します。
  • 着付けの確認:着付けの方法や手順を確認し、当日に困らないように準備しておきます。

 

レンタル後のケアと返却

レンタル後のケアと返却時には以下の点に注意が必要です。

  • 汚れの確認:着用後に汚れやシミがないか確認し、必要に応じてクリーニングを依頼します。
  • 保管方法:返却までの間、着物を適切に保管しておくことが大切です。畳んで保管する際には、湿気を避けるようにします。
  • 返却期限の確認:返却期限を守り、遅れないように計画的に返却手続きを行います。

着物レンタルの流れと手続き

着物レンタルの流れと手続き

 

レンタルの予約と手続き方法

レンタルの予約から受け取りまでの手順は以下の通りです。

  1. 予約:レンタルショップのウェブサイトや店舗で予約を行います。予約時には、希望する着物の種類やサイズ、利用日を指定します。
  2. 試着:実際に店舗を訪れて試着を行い、サイズやデザインを確認します。
  3. 手続き:試着後に契約を行い、必要な書類にサインします。この際、保証金が必要な場合もあります。
  4. 受け取り:利用日の前日に着物を受け取ります。配送サービスを利用する場合もあります。

 

当日の着付けと注意点

当日の着付けの流れや注意点は以下の通りです。

  1. 準備:着物を広げて必要な小物類を揃えます。着付けに必要なアイテムが揃っているか確認します。
  2. 着付け:プロの着付け師に依頼する場合、事前に予約を行い、当日にスムーズに着付けをしてもらいます。自分で着付ける場合は、事前に練習しておくと安心です。
  3. 最終確認:着付けが完了したら、鏡で全体を確認し、着崩れがないかチェックします。必要に応じて調整を行います。

 

【関連記事】着物レンタル初心者必見!着付けの基本や料金目安を詳しく解説【完全ガイド】

まとめ

着物レンタルは結婚式を彩る素晴らしい方法です。この記事を参考にして、最適な着物を選び、特別な日をより一層華やかに過ごしてくださいね。